上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.26 sazect.s.d
木曜日は期末考査の前日という事で休みです。余裕ができたのでお久しぶりに。

snapshot20080626012415_20080626013141.jpg


前作のクオリティじゃどうしても今回の出演も承諾せざるを得なかったSaz'ect次回作、Saz'ect Star Drive。
今回も懲りずに出演させて頂きました。まぁペンスピナーたるものたまには手を見せないと、ね。

■編集
公開までこぎつける事情とかはまあ置いておいて、まず感じたのは全体的に渋い編集だなあと。
音楽は前作のような物と予想していましたが、それとは裏腹に和風というかラテンというか静かな曲をチョイス。こういう曲を取り入れた例は初めて見たので、見解を広める意味でも良かったかなーと。僕は好きですよこの曲。

OPは黒背景をベースにしたテキストと細かいエフェクトのみで彩っております。本編のペン回し映像やらを全く使わず、ペン回しというテーマは想像も付かないような前菜特有の映像はやはり他のCVのOPと一線を画しているように思えます。というより他のジャンルの映像も作ればいいと思います。
でも「パーティクル使った事無い」って僕に言ってきてどこにあるのか教えた途端使いこなすのはやめて下さい。

本編の編集は前作同様、key3ことけーちゃんのお仕事でした。
この人の編集はシンプルながらセンス溢れるといったイメージがありますが、今回も全くその通り。
テキストのフォントの統一や曲の転調に合わせてトランジションを微妙に変化させるなどなど、好みは分かれそうですが編集としては丁寧な仕事をしたんじゃないでしょうか。前作と違って今回は素材過多だったようですし、色々不都合があったようですが、その割には良い仕上がりだと思います。
確かにもう少し派手さが欲しいという声も上がりそうですが、そこはそこ、好みの問題でもあるかなーと。

先日ちょっと編集ソフトに触れる機会があったのですが、けーちゃんみたいに丁寧な編集は本当に骨が折れます。完成度云々より、まずその点は素直に褒めてあげるべきではないでしょうか。

■個人動画
Sazectは最近出たシリーズですし、国内でも飛びぬけた編集技術を持つ前菜の主催です。結構なブランドと感じてる人も多いのか、各個人についてはやはり期待を裏切らない動画ばかりでした。
個人的に好みだったのがあやとりのFS。ペンと背景がガラっと変わった所為で印象が強いのかもしれませんが、大技を控えたあの微妙に硬い手つきのFSは何故かわかりませんが好きでした。

それと某所で気になった事を少々。
→爪
僕も昔ここで「指を長く見せるには爪を伸ばすといいよ」みたいな事を書きましたが(今は伸ばしたりしていません)、僕のカメラだから上手く映えたってのもあるみたいで、最近の画質の良いカメラを使っている人にとっては逆に観衆の不快感を煽る結果になってしまうケースもあるみたいですね。
爪を長く見せているつもりじゃない人も勿論いるとは思いますが、肌や背景とくっきり色が違って映ると多少気になってしまうかもしれません。
→手抜き感
これについてはちょっと前から思っていた事なんですが、「手抜き感がある」というのならともかく、「手抜きだ」といった決め付けるようなニュアンスを持たせて評価するのは止めましょう。某所でそういう人は見かけませんでしたが、気になったので言っておくだけです。
手抜き、というのが動画の質や撮影時間など、何によって感じられるのかはわかりませんが、撮影者の努力を知らずに「手抜きだ」と言ってわざわざ評価を落とすようなマネは失礼です。
僕に言う分には一向に構いませんが、僕は数日かけてまで妥協せずに撮影した人も知っています。そういう面も考慮して軽率な発言は避けましょう。

自分の動画については面倒なので特に書くことはありません。
ただCVを通して一つ気になったのが背景。白背景の机で撮影しましたが、殆どの人が暗めの背景ちや木目の机が多いです。そういう点じゃちょっと浮いてしまったかなー…と。
ちなみに少し眩しい白背景を使用したSEVEN君と僕はどちらもCVの両端に割り振られており、白+ワイシャツに始まり白+ワイシャツに終わる形になっています。ここら辺もけーちゃんの拘りでしょうか。

何はともあれ、前菜とkey3さんと出演者の方々はお疲れ様でした。またお目にかかる事を期待しております。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blueoutsider.blog66.fc2.com/tb.php/272-4f6bebed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。