上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.05
オフレポ。
阿呆ry


まずはこっちのメンバーと合流。Mが早速遅刻して冷や冷やしたけどとりあえず夜行バス乗車。
なんて乗り心地だ!寒いし足痛いし腰が直角なんですけど!なぁこうう!口あけて寝てんじゃねぇよ!
で、寝たり起きたり繰り返して池袋到着。早速迷いながら山手線乗車。
電車を乗り継いで乗り継いでとりあえず熱海到着。伊東から私鉄に乗り換えて目的地へGO。
到着。時刻は11時過ぎ。水無はまだいない。とりあえず腹減ってたしまだ会いたくなかったので
「どこよ」というメールに「今私鉄乗ったよー」と返す。水無はまだ来ないそうだ。
腹減ったよーと言うこううに従い、近くを散策して蕎麦屋へ。この時点で疲れたオーラ漂いまくり。
蕎麦を待ってると水無からメール。「1140から待ってるからヨロ」蕎麦遅いなー腹減ったなー
とりあえず「つかれた ねむい」と返信。
すぐに「頑張れ 待ってるから」と恋人の様な返信。ごめんな、君の恋人は蕎麦食いながらくつろいでるんだ
流石に暑い中待たせるのは可哀想なので「近くの蕎麦屋に来て」「どこよ・・・」お前地元だろうが!
仕方無いので蕎麦を掻き込んで電話を耳に当てて駅に走りだす。「やあ水無」「どこよ」
「とりあえず駅向かってるから待ってて」「はぁ!?駅!?」「今駅じゃねーのかよ!!」みたいな。初電話。
「駅の周りで全身黒づくめなゴロゴロ引いてキョロキョロしてる変な奴が俺だから」だってお。ふーん。
見つけたので壁を挟んでフェイントの掛け合いみたいな事をして水無が気付いたので蕎麦屋に踵を返す。
追いついてきた所で「やあ水無。初めましてだね。」と挨拶。「自重しろ」と水無。初対面なんだぜ。
蕎麦屋に着いてこううとMに挨拶。何頭下げてんの?何で俺と態度違うの?ねぇ?
それからさいさんが働いてるスーパーに。あれ、何この美青少年。簡単に頭下げて買い物。
丁度お昼休みだったようで、昼を一緒に食べる空気だったんだけどさいさんがどこかに行ったので
休憩所に腰を落ち着ける。適当に雑談して、水無と一緒にいむさんを駅まで向かえに行く。
「背の低いはにかんでる人だから」
「ふーん」
「あ、あれだw」
「はにかんでねーじゃん」
合流。スーパーに行く。何このフリーダムな人。会話がシュール過ぎるんですけど。
スーパーに行って。座って。変な空気のままオイチョカブ始まって。何したんだっけ。
大富豪が始まって。Mが席を立ったから四人で闇のゲーム始まったんだっけ。
「あ、おかえり。」
「えっと、俺からだね。じゃ、3から2までの階段。あれ?手札無くなっちゃったんだけどwwww」
「おまwwwwつええwwww。あ、俺か。じゃ俺も階段。え!?俺上がりじゃね!?www」
「ちょwwwふざけんなwwww俺のターンか。じゃ、階段で始めるぜ。あれ?勝ったwwwww」
「あの、ちょっといいですか」

で、かれこれ2時間もこんな事して爆笑。間違いなく迷惑極まりない変人の集まり。
「今日は特別人が多い」とすれ違いざまに呟いたさいさんを差し置いて爆笑する仲間。仲間
そんなこんなでさいさんもバイトが終わり、合流してお買い物。水無が酒を16本もカゴに入れる。
「多すぎだよwwwww」とツっこむ。「大丈夫だってwwww」と水無。
肉を買いに行く途中で見た神の従業員さんと神の子を見て水無と二人で爆笑。やべ、思い出して吹いた。
「えーっと、バーベキュー用の牛肉が欲しいんですけど」
「何人分?」
「えーっと、六人分ですね」
「六人分・・・っと」
「あ、七人でした」
「七人分・・・」
「あ、すいません八人です」
はぁちいぃ!!!??
吹かなかったさいさんといむさんは神としか言い様が無い。八人分の牛肉にトラウマでもあるんだろうか。
その後にさいさんの親御さんを外で待つ。どうもよく出入りしてるらしいターバンの人が何回も出入り。
空気読みすぎて堪えるのが辛かった。後ろ見たらこっち見てるし。こっちみんなwwwwww
で、さいさん宅の車に乗り込んでいざ前菜宅へ。この時点でかなりの倦怠感。
到着。着いた途端に麻雀の準備を始める馬鹿がいた。すぐに麻雀とか空気嫁よ!(洗牌しながら
少し経って、バーベキューの準備に取り掛かる。タイヤがイッちゃってる一輪車を押して石を積む。
で、途中でミチルが原付に乗って颯爽と登場。ここぞとばかりに後ろに乗せて貰って仕事回避。
そして畳運んで石並べて薪放って点火。この時点で七時は越えてた。
お約束とばかり点火は上手くいかず、マッチを何本も放り込む。ジュース登場。
火もついて酒も飲んでテンション上がったミチルが飲みかけの
ジュースを点火したばかりの火に放る。途端に鎮火する火と周囲のテンション。
澱んだ空気の中、こううが「もうジュースだけで夜過ごそうぜ」と発言。空気嫁
で、何とか点火して、何とか鉄板乗っけて、何とか焼き蕎麦焼いて。何で美味いんだよ。
テンション下がったままなのもアレなので、組曲歌おうぜwwwwみたいな感じでimuノートPC登場。
組曲歌いながら、ジュース飲みながらやきそば食べてる内にテンションは高揚。この時点で辺りは真っ暗。
ジュースに弱いいむさんと「俺ジュース豪だから」と昼に言ったばかりの水無が完璧なキチガイに進化を遂げる。
いむさんは奇声を上げながら肉を焼いて水無は笑い上戸になって笑いながら畳に倒れる。
さいさんは組曲で酔うらしく、結構なテンションに。つーか富山組テンション低いよ!
キリのいい所で畳で歌ってる皆を尻目にミチルと二人で片付けを始める。会話は後ろの二人の悪口。
あらかた片付いた所で部屋に。スマブラ始まる。できない俺ざまぁ。見てぼーっと。
次にミチルとメルブラ。これは面白い。買おうかなとか言ってると横でメッセが始まってた。
何かと思って覗くとどうやらあやとりさんと音声チャットらしく。皆叫びすぎ自重。
スマブラが始まった辺りで交代。水無が呂律の回ってないキチガイと化していた。
さいさんが気を遣ってくれて何か見る?とか言ってくれたけど何だかテンションがおかしかったので
あぁ、とか曖昧な事しか喋れなかった。俺死ね。
暇になったので寝転がってると眠気が来たので就寝。1時過ぎかな。
先に転がってたMから遠ざかって窓際でねむねむ。長旅疲れたよー
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blueoutsider.blog66.fc2.com/tb.php/185-f3a3193d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。