上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.05
最近様々な所でスタイルとか個性とか画一とかいう言葉を目にします。数えてないけど。

画一化に対する私の意見は置いといて、今日勉強中にふと考えてみました。
私のスタイルはどうなんだろうか。とか。
VPで旋回を続ける右手をボーっと眺めながらこれは個性的なんだろうか…。とか。
私は自分で見てみたり見直してみたりすると自分自身のFSというのは全然個性的じゃないように感じます。

そこで丁度メッセしていたNIKooさんに尋ねてみた所、「個性の塊」という答が返ってきました。
しかし、詳細を尋ねると中々返答に詰まるらしく、結構アバウトな答が返ってきます。
まぁスタイル云々に詳細を求めるなんて真似がまずおかしいのでここはスルー。

さて、これはNIKooさんの主観的事実に基づく結論ですが、果たしてどうなんだろう。
NIKooさんは「個性が強い」という結論だけど、他の方に訊くと同じ返答が返ってくるのか。
だからといって「ねぇねぇ俺個性強い?」なんて事で凸する訳にもいかんので、考察に留める。

ここでpesp1stの動画を思い出してみよう。あの時、私はあちこちで「コリアンスタイル」という批評を受けた。
勿論あのFSがコリアンスタイルだったというだけの話なんだが、あのFSも私、spslのも私。
コリアンスタイルというのは個性が強いという批評の対、つまり画一というイメージがある。
つまり、pesp1stのスタイルは無個性的、spslのスタイルは個性的という結論に至る。
勿論この結論だけで停止するのもアリなんだが、同一人物がFS毎に違うスタイル、
こんなに容易く変化するスタイルというのは果たして個性的と言えるのか?と考える。
FS毎の境界を取っ払って全体で括り、「変化するスタイル」というのもアリっちゃアリだが、今現在あっちこっちで
求められているスタイルはそんな事ではないというのは周知だろう。
一度批評により組まれた意識上のスタイルというのは極論の世界になり、スタイルが変わるだけで
無個性的となる風潮がある。ような気がする。知らんが。
つまり、観衆の脳に固定された各個人のスタイルというのは変わらないからこそ個性的であるのであって、
ふらふらと変わるスタイルなんてのは発展途上であろうと無個性的という事になる。

皆はどうだろうか。自分では全然個性的じゃないとか思ってないだろうか。
客観的に見れば個性的に見えるが、何が個性的かはわからない。
そういう事を見る時の注意点とか変な色々を追記に書いたつもりだけど、プレビューしてみると
とんでもなく文が纏まってなかったから別に読まなくてもいーよ。消すかも

さて、ちょっと別の所に観点をずらしてみよう。
上記で私は「スタイル」、「個性」といった言葉を一緒に使ったが、これらの明確な定義はされているのだろうか。
試しにbonkura様を例に挙げてみよう。この方は非常に「個性的」であるという事で有名だが、
その「個性的」という形容は果たして何処に向けられたものなのか?
まず目に付くのがbon様特有の手つき。あの手つきは中々真似できた物じゃない。
だが旋回の内容自体に目を向けてみても、斬新な発想から生まれた技術も目立つ。
これら2つはどちらも「個性的」であり、別に纏めて「個性的」と言ったり別々に言っても何ら問題は無い。
だが、「スタイル」という言葉はどうだろう?
これは一般的に手つきを連想させる先入観が無いだろうか?
例えば「コリアンスタイル」という言葉。まず連想するといえば、パス重視のえーっと・・・あーゆー動き。
勿論技術に目を向けたスタイルという言葉もあちこちで見かけるが、ちょっと割愛。
例えばここにコリアンスタイルの人、Aが居たとしよう。当然このAさんは「コリアンスタイル」と批評を受ける。
ではここで「指がAさんよりかなり太い」Bさんが、「KTを使って」、「同じオーダー」でFSをやったとしよう。
ここで、果たしてBさんは「コリアンスタイル」という批評を受けるだろうか?
多分、受けないだろう。いやわからんが。
だけど、この人は同じオーダーでFSを組んだ。つまり技術的には変わらない。
そんな状態なのにアングル、画質、回し方、速度によってコロっと客観的なスタイルという物は変わってしまう。
ここで一番影響するのは回し方。つまり個人特有の手つきという事になる。
上記で言うと周りから「個性的じゃない」「見てて面白くない」等の不評を受けるのはAさんだろう。
本人は自分なりのスタイルで回しているつもりでも、周りから見れば画一化されていて面白くない。
つまり何が言いたいかと言うと、安易に「スタイル」という形容で「個性的」かどうかを計るのは危険、だと言う事。
JEBTで言うと「独創性」というのは「技術」であって「スタイル」では無い。
「構成力」というのは「バランス」であって「技術」では無い。だがしかし「スタイル」でもない。
ここら辺結構しっかりしてるから文句言わないけど、皆も気をつけようなー…って何言いたかったんだっけ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blueoutsider.blog66.fc2.com/tb.php/134-da97a190
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。