上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.30
友人のノリとはいえ、カラオケでハレ晴れユカイを歌って、いや歌えてしまった。もうだめだ。


朝の十一時にカラオケに到着、いつも通りに盛り上がって色々歌って腹減って。
カオスなポケットモンスターで〆た後、私は親が家に不在なので近くの某牛丼店に。皆ついてくる。
「どっかに外泊したい」と誰かが言う。そんでアレでアレで私の家に泊まる事になった。
来るや否やいきなりふたりエッチを読み出す友人を横目に、課題1:ニコニコ動画9の割合で進めていく。

中略(一回全部消えた故に書く気消失。

ハレ晴れユカイを流しながら母校の中学校に深夜徘徊に出かける。どう見ても怪し過ぎる。
到着。中略で朝日を見る事になり、よく見える絶好のスポットを探す。
友人が提案した「別館の屋根に登る」という意見を軽くあしらうつもりがとりあえずてくてく付いてく。
梯子の傾斜がなだらかで簡単に登れそうだったので登る。
私の後ろの友人は梯子を押さえる人間がいなくなった為に階段に戻る。拗ねる。
たかーいたかーい屋根の上で哀愁と青春に浸る。
そのまま屋根の上で長い時間を過ごし、焦らしの天才の朝日を迎える為にカメラを構える。
しかし一向に出ない朝日。カメラ持つ手が疲れるんだが。
でもまぁ出ない朝日は無い。

Image037.jpg


六時。帰る。寝る。
毛布とソファーを最大限に活用して寝る。
「十時半に帰る」と言った友人ではなく私が十時半に起床。だからどうした寝る。
「ダッシュで帰る」と十一時に焦る友人に「バイバイ」と笑顔で応対。毛布片付けろボケ。

そんなこんなでもう昼なので昼食でも作らないといけないのだけど、
残った一人が後ろで鼾かいて着メロ無視して寝ている。帰れこの蟲野郎。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://blueoutsider.blog66.fc2.com/tb.php/130-d5919f9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。