上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.04 シルエット
----2010年11月----

お久しぶりでございます。
「濃い時間過ごしてるなぁ」とか思ってるといつの間にかこんなに更新が開いてました。
まぁもうTwitter全盛期なので、Blogは各人の物置って感じになってますが。



本日は簡単に、僕のFSに対する個人的見解のお話です。前回のようなCV論と違い、あくまで個人的な話になります。
題して、「FSのシルエット」とでも。少し抽象的はお話かもしれません。
自分のFSをより魅力的に見せる為の一つの要素として思ってもらえればいいかと思います。

ペンスピナーとしての活動は現在は殆ど行っていませんが、たまにyoutubeでCVを見ることはあります。
ボーっと楽しむ程度に見ているのですが、以前のように一つ一つのトリックやコンボはそこまで注意して見ていません。
そうして見ている内に、今回の「シルエット」という点が気になってくるようになり、わざとズレた見方などをしてみることなどがありました。
例を挙げると、動画の右上の方の何も無いような所にピントを合わせ、「FSの軌跡だけを見る」といったようなもの。

シルエットは、FSにおいては軌跡と言い換えたほうがわかりやすいかもしれません。
ペンを回し、カメラで撮影している以上、回すと残像が生まれます。環境によって形は様々ですが、必ず残像は生まれ、そこには軌跡が生まれます。時には円のような軌道を描いたり、あるいは蝶のような軌道を描いたりします。
今回は、その「軌跡の形、流れ」について注目してFSを見てみました。
今まで様々なCVがリリースされてきて、そこでも勿論「良いFS」として評価を受けてきたFSがたくさんありますが、そういったFSはこの「軌跡」、僕はFS全体の軌跡や流れを指すニュアンスでシルエットとか何とか言ってますが、これが綺麗であり、かつ「わかりやすい」ものが多いと思います。

少し抽象論になります。
FSには様々な評価の仕方があり、「競技的」、「芸術的」といった言葉で括られてきましたが、僕個人としては、「展開」を読み取れるようなFSが広く魅力的であり、見ごたえのあるものになりやすいと思います。上記の例では、多分「芸術的」なFSに分類される見方です。

----ここから2012年8月----

後は自分で考えろ


お久しぶりでございます。皆元気にしてますか?ペン回してますか?カージオイドの事忘れてませんか?
将来に不安を抱えるテンプレ学生やりながら暑い夏を過ごしてるoutsiderですよ。
上のは2年前の下書きが放置されっぱなしで可哀想なんでとりあえず陽の目を見させてあげただけです。

暇なので更新してやろうかな、みたいな気分で久々に古巣に戻ってきてます。
たまにはoutsiderとして何かしないと寂しいんですよ。

ありがたいことに、今でもスピナーの方から時々twitterなどで交流を頂くんですよね。
CVなどに出なくなって随分と長い年月が経ちましたが、自分の残した作品が後の世代の人に少しでも影響を与えていてくれることは素直に嬉しいんです。僕はそんなに熱心な活動家ではなかったですけど、それでもやっててよかったなぁ、と。
皆ありがとう。

で、そんな人らの為にはもうちょっと言うことがあるとすれば何かなーとボーっと考えてたんですけど。
ぶっちゃけこの技術スーパーインフレの時代にことFSに関して口を挟む事なんて殆ど無いですね。

というわけで自慢して終わります。

なんか4年前ぐらいに「自分のFSで好きなやつベスト3」みたいな記事書いたんですよ。
1位がsazect.s.dのやつで、2位がspsl4で、3位がes紅白の、みたいな。
あれはずっと変わってないんですよね。あぁでもspsl6のも面白かったな…まぁいいや…
僕の中ではsazect.s.dが一番なんです。これが重要なんです。

つまるところ、僕から何か温故知新したいと思う人はあのFSを見ればいいと思う。んでもって「良い所」を探せばいいと思う。
僕が何故このFSが一番好きかというと、見れば見るほどその「良い所」が沢山出てきたからなんです。


それだけだ!自慢だ!
「良いなぁ」と曖昧な感想を持つだけじゃなく、その「良い」と思った理由を徹底的に探し、明確に言語化して吸収する!
そんな事を繰り返してればより良い進化ができると思うよ!
僕は現役時代そんな事1つもやってないけど


これだけ書きに来ました。
それでは。
いつの日かスポンサーサイトの広告を消しに来るその時にまたここで逢いましょッ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。